最近在日本流行起了"婚活"這個新名詞,
但是創造了這個流行語的兩位作者,
卻對於大家誤解這個名詞而深感痛心。

原文附在最下面,由於內容頗多,所以我在這裡挑重點說好了。

『婚活』就是『結婚活動』的簡稱,在日本最為人所知的就是『就活』=就職活動。
這邊的活動,就是為了前面這一項所做的『準備活動』或是『實際行動』。
『婚活』就是要人們有意識地去做為了結婚所做的實際活動。
為何說會被誤會?瞧!您現在應該就誤會了也不一定?

如果照字面去解釋,
感覺上是要大家為了結婚多多聯誼;多認識異性的感覺,然後才有機會去找自己理想中的對象。
其實這解釋也不能說錯啦!只是在日本的現代文化裡,理想結婚對象要有高收入,這點似乎還是必須的。

根據2005年的調查,日本30-35歲的未婚男性有48.1%,未婚女性有32.0%,
這結果可是獨冠全球的數字。
但重點不是這數字有多高重點,而是這裡面有90%的人是嚮往或是很想結婚,
但因為找不到理想對象而結不了婚!

另一項2002年針對25-34歲未婚女性所做的調查,
以青森縣為例,理想男性的收入為400萬円,達到這標準的未婚男性只有2.6%,
好吧,說青森縣的例子不準,那我們說說東京都吧!
不愧是東京都的都會女子,理想男性收入激增為600萬円。
達到這標準的男性有多少呢?答案是3.5%!(PS:要求一定要達到這標準的受訪女性有39.2%)

為何會有這樣的背景產生,原因有三:

第一:日本的單身寄生族非常多,調查顯示18-34歲的未婚者有80%是跟父母親同住,
這些人因為跟雙親一起生活所以生活水準都比較高,婚後也想過著跟現在一樣生活的水準。

第二:結婚之後想當專業主婦;婚後想要過優渥的生活,當然只好找高所得的另一半才行。

第三:因為『格差社會』的影響,高收入的男性反而比較早婚,
結果就是未婚的男性比較多是收入不高的了。

所以創造婚活這字彙的山田昌宏、白河桃子兩位作者,
原本希望的是未婚女性能夠不要那麼在意另一半的收入,甚至是有同時工作的覺悟,
那麼一定有適合的對象出現。

但是,之前曾經有一個節目裡竟然把婚活與3.5%的意義誤解,
反而說出『因為只有3.5%是理想對象,不加把勁去搶就搶不到了!』
山田教授認為這根本是一場賭博,
與其做那麼大的賭博,還不如找一個一起工作的好對象比較容易實現,這才是『婚活』的真意。

另一項調查裡發現,現在女性嚮往做專業主婦的比例,比起30年前一點都沒有減少。
所以一般公司裡常看到事務或是非正職的女性做一做不爽就離職,或是躲回家裡給爸媽養。
然後等著高收入男性出現,像灰姑娘一樣的等著白馬王子來帶走她。
山田教授在做資料調查時,甚至有一位50幾歲的母親說道
『我年輕時沒有辦法做選擇,現在希望自己女兒可以好好選。
所以,只要她願意,在家住到幾歲都可以。』

2007年的調查裡顯示,35-44歲的未婚者裡有14%約264萬人是跟雙親同住,
而裡面又有10%沒工作,10%靠打工過日子。
如果說一輩子不打算結婚,從年輕時就好好工作累積工作經驗與收入,那也就算了。
偏偏有很多只靠雙親養的人只會去聯誼,做灰姑娘大夢,
如果雙親過世,這些人馬上就會跌入社會最底層,想翻身就很困難了。

在"婚活"這個新名詞出現的現在,你到底搞懂它的意思沒?
還是,要不要來看看這本書?
婚活.jpg

 



原文在這裡→http://news.goo.ne.jp/article/php/life/php-20090424-02.html

婚活・高望みを捨てて現実を悟れ(上)
Voice2009年4月28日(火)09:00
ひとつのテーマを二人の論者が違った視点からアプローチして、
その本質に切り込むgooニュース×Voice連携企画「話題のテーマに賛否両論!」。
今月のテーマは婚活です。


婚活・高望みを捨てて現実を悟れ(山田昌弘・中央大学教授)

「女性よ、狩りに出よ」


婚活は結婚活動の略である。就職活動(就活)をしなければなかなか希望どおりの就職ができなくなった状況になぞらえて、結婚に向けて意識的に活動をしなければ結婚できない時代になったことを象徴して私がつくった言葉である。

新しくつくりだした言葉は、広まれば広まるほど誤解が大きくなり、本来の意図とは懸け離れたものになってしまう。パラサイト・シングルや格差社会のときも そうだった。自立したら損だから自立しないという日本社会の現状を批判するつもりで書いた『パラサイト・シングルの時代』が、いつの間にかブランドものを 買う未婚女性はけしからんという話になった。『希望格差社会』でも、若い人から努力が報われるという見通しが失われている状況を批判したのに、収入格差は よくないという点に矮小化されてしまった。婚活という言葉も同じ道を辿るのではないかと心配している。

婚活という言葉をつくり、『婚活時代』という本を白河桃子さんと一緒に書いたのも、現在の結婚をめぐる状況を正確に伝えたいがためだった。とくに二○○五年の国勢調査によると、三十代前半の未婚率男性四八・一%、女性三二・○%と、世界有数の未婚率となっている。

そして何より、未婚者のほぼ九割が結婚を希望しているという現実である。結婚したいのにできないのは、何より、理想的な結婚相手の出現をただ待っているだ けの未婚者が多いという事実から、結婚活動、略して婚活の勧めをしたのだ(べつに結婚したくない人を結婚させようとする意図はまったくない)。

しかし、やはりというべきか、出版直後から誤解と向き合うこととなった。出版社の人から売れる本ほど中身はちゃんと読まれませんよといわれたが、そのとお りになりつつある。本を読まないで「婚活」という言葉を使う人が増え、言葉だけが独り歩きし、著者の意図を超えて広がっている。

一つ例をとると、私が行なった調査のなかで得たデータの使われ方である。二○○二年に二十五~三十四歳の未婚者を調査したところ、青森県では結婚相手の男 性に年収四○○万円以上を期待する未婚女性は全体の五三・四%に達するのに、当該年齢の未婚男性で四○○万円以上を稼ぐのは、わずか二・六%にすぎないと いう現実があった。そして東京都で調査すると、六○○万円以上を期待する未婚女性は三九・二%いるのに、六○○万円以上を稼ぐ当該年齢の未婚男性はわずか 三・五%という結果を得た(厚生労働省科学研究費の助成による)。

このギャップは、①日本では親同居独身者(パラサイト・シングル)が多く(十八歳から三十四歳までの未婚者の八割は親と同居)、彼(女)らの生活水準が高 いこと。そして、結婚後もそのような生活を送るのが当然と考える女性(とその親)が多いこと。②女性の専業主婦志向が強く、結婚後は夫の収入で生活するの が当然という意識が強いこと。専業主婦で豊かな生活をするために高収入の男性を求めることになる。③格差社会の結果、高収入どころか安定した収入を得られ ない若年男性が増え、高収入男性は比較的早く結婚してしまうので、結果的に収入が低い男性が未婚者に多くなる、という三つの要因によって説明できる。

だから私と白河さんは、未婚女性に対して、期待水準を下げること、そして、夫婦共働きを覚悟することを推奨している。つまり現実を見れば、あなたの思って いるような収入が高い未婚男性が見つかる確率はたいへん低いですよ。そして、共働きの覚悟をすれば男性を広い範囲から見つけることができますよ。結婚した かったら相手の収入を脇に置いて、趣味が合いコミュニケーション力がある男性を見つけ出すことが肝心ですよ。そこで私と白河さんは、「女性よ、狩りに出 よ」といったのである。

この事実が誤解され、正反対に受け取られる現象に何度も出合った。あるバラエティ番組で、「年収六○○万円以上の独身男性は三・五%、だから早くつかまえ なければいなくなってしまう」という歌詞にされていたのにはびっくりした。事実判断は正しい。しかし、年収六○○万円以上の独身男性三・五%と聞いて、そ れをつかまえなければダメというのは一種のギャンブルである。年収六○○万円以上の独身男性三・五%を見つけ、気に入られ専業主婦になるよりも、共働きで そこそこの結婚生活をめざすほうが実現可能性がはるかに高い。

しかし、自分だけはくじに当たるはずと思う人は尽きないようだ。今年の初売りには、婚活福袋というのが、いくつかのデパートで売り出された。中身は、勝負 服やエステ券、そして、縁結びの絵馬などである。本のなかでは男性から見て結婚したくない女性として、「お金をかけてきれいになっている人」と書いてある のに、デパートの商品企画担当者は本をきちんと読んでいるのかと文句をいいたくなる。


婚活・高望みを捨てて現実を悟れ(下)
Voice2009年4月28日(火)09:00

元パラサイト・シングルの悲劇


このように「婚活」という言葉は誤解まみれになっているが、私と白河さんの意図は、結婚をめぐる状況が、三十年前とはまったくその様相が違ってきていると いうことである。そして、結婚をめぐる状況が変わっているのに、結婚に関する意識は変わっていないから結婚できない人が増えているということなのだ。変 わっていないのは、「結婚後は主に男性の収入に依存して生活する」という意識である。女性の専業主婦志向といってもよい。
ここで強調しておきたいのは、専業主婦志向の未婚女性の割合は日本では昔からほとんど変わっていないということだ。近年は二十代、三十代の若年者で増えつ つある。なぜなら、一生続けたいと思うような仕事をしている女性は少数派だからである。未婚女性の多くは、非正規のバイトや一般職で、こんな仕事を続ける くらいなら早く結婚したいと思っている。キャリアの正社員女性であっても、仕事がきつくて辞められるものなら辞めたいと思う女性も多い。そして、専業主婦 志向の女性ほど結婚できなくなっているのだ。

なぜかというと、専業主婦を養って家を買って子供を大学に入れられるような収入を稼ぐ男性が激減しているのだ。高度成長期には、若年男性は中卒や高校中退 であっても、企業に勤めてまじめに働けば将来収入が上がり、豊かな生活が望めた。しかしいまは、非正規社員の若年男性が増え、未婚者の三割となっており、 正社員でさえ収入が上がる保証はない。

もう一つは、日本では理想的な高収入男性が出現するまで、親と同居して待てるからである。親は自分の娘かわいさに、収入が高い男性に嫁がせて、娘に楽をさ せたいという意識が働く。その意識が娘に伝播し、女性の自立志向を妨げ、家で高収入の男性と出会うのを待ちつづけるという専業主婦志向の未婚女性を大量に つくりだしているのだ。

私はパラサイト・シングルの親にインタビューしていたとき、五十代の母親から「私の時代は生活していくために結婚しなければならなかったからこんなやつと 結婚したけど、娘には本当に好きな人が現れるまで家でいくらでも待っていていいといっている」といわれてのけぞったことがある。
では、このまま未婚状況が続くとどうなるだろうか。未婚でも、自分の収入があって自立しているならば、大きな問題にはならないだろう。しかし現実はそうではない。

社会学者として私がいちばん心配しているのは、結果的に結婚できなかった専業主婦志向女性の将来である。三十五~四十四歳で親と同居している未婚者は、二 ○○七年時点で男女合わせて二六四万人いる(当該人口の約一四%)。うち、約一○%は無職、約一○%が非正規雇用者である。一生独身を覚悟し、キャリアを 積んで収入を確保しながら親と同居している人なら構わない。

しかし親と同居し、収入の高い人と結婚して専業主婦になる予定でキャリアを積まず、家事手伝いやアルバイトをしながら、親の年金に頼って生活している中年 未婚女性の将来は暗い。年金受給者の親が亡くなれば、彼女たちの生活は破綻する。多少の貯金や遺産があっても、八十歳を超す平均寿命の前には霞んでしまう 額だろうし、家事手伝いや非正規雇用者では年金も不十分である。親の財産を使い果たして生活保護というのが、今後予想される状況だろうが、親元で豊かに生 活していた元パラサイト・シングル女性にとっては、耐えがたい生活が待っている。

そして、女性が専業主婦志向を変えず、家で高収入男性を待ちつづけるだけでは、最終的に安定した収入の男性と結婚できない女性は相当規模で発生する。若者をめぐる経済状況は悪化しているので、将来はもっと増えるだろう。

婚活を提唱した本当の狙いの一つは、高収入男性と結婚して専業主婦になりたいと親元で待ちつづけている女性を外に出すことにある。結婚活動をして、ごく一部の女性は、高収入男性と巡り合い結婚できるだろう。それはそれでよい。

しかし大多数の女性は、高収入どころか安定収入を稼ぐ男性も少数という現実に直面する。結婚活動しても見つからなければ、現実を悟り、自分で多少なりとも 収入を得る仕事をしながら、収入が高くなくても素敵な男性と結婚して、そこそこの生活で子供を育てるという現実的な目標に誘導したいというのが、「婚活」 という言葉をつくった私の希望なのである。

結婚したって幸せではないだろう、という批判はよく聞く。離婚数は二○○七年で二五万組とほぼ三組に一組が離婚する計算になる。しかし、たとえ離婚に終 わったとしても、お互いを大事だと思う人と一緒に生活したという経験は生きてくると思う。再婚率は未婚者の結婚率より高い(再婚者のほうが未婚者より結婚 しやすい)。何より、未婚者の九割が結婚したがっているというのは私には救いに思える。自分にとって大切な人と一緒に生活を共有したいというのは、人とし て当然の欲求である。

その欲求を叶えるためにも、正しい意味での結婚活動が広まってほしいと思っている。

 

 

hibobohi 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(26) 人氣()


留言列表 (26)

發表留言
  • tangblack
  • 發人省思的現象
  • 沒錯。

    hibobohi 於 2009/04/29 21:03 回覆

  • 小甜
  • 很有意思也很值得探討的一個問題呢!
  • 真的挺有意思的。

    hibobohi 於 2009/04/29 21:33 回覆

  • 蛋
  • 大大的學了一課呢!!
    被曲解的意思走向了不太好的方向呢
    原本的意思還真的蠻符合現在日本實際情況真正所需
    所以被曲解而產生的新含意,進而產生不同的狀況
    還真的是作者不會樂見的!
    不管男人女人,真正為自己尋求的幸福而需要付出的我想是相對對等的
    如果用誤會婚活的含意去追求所謂的幸福那真的就是可惜了
  • 說到追求幸福這件事
    我遇過一個人,
    她跟年收六百萬円以上的男生結婚之後
    突然有一天說,她發現其實她老公人也挺不錯的。
    客觀的條件會比愛重要嗎?我不懂耶!

    hibobohi 於 2009/04/30 20:49 回覆

  • jasawinn
  • 我還以為當日本女生會很幸福,讓老公養就好了,原來並不是我想像的那樣,所以還是要兩個人互相扶持會比較實際.
  • 條件好的男生,早就結婚了
    我相信嫁給她們的女生是有本錢在家裡相夫教子的。
    只是說一直重複著聯誼活動的女生們
    若是真的沒有理想中的男生降臨的話,自己的心態也該調整
    而不是在不斷的聯誼中虛度青春,而終究沒有白馬王子來帶妳走。

    hibobohi 於 2009/04/30 20:50 回覆

  • midori
  • 該不會下次日檢的閱讀測驗會出婚活的考題吧...?
  • 極有可能。

    hibobohi 於 2009/04/30 20:51 回覆

  • Ruka
  • >一般公司裡常看到事務或是非正職的女性做一做不爽就離職,或是躲回家裡給爸媽養。
    然後等著高收入男性出現,像灰公主一樣的等著白馬王子來帶走她。

    我想除了日本,很多地方也有這樣想的女生,希望嫁個有錢人,過著公主般的生活。
    不過結婚的前提是良好的生活條件,有點無奈,雖然現實社會沒有錢不行,但是兩個人之間的愛好像不太重要……
    來到這裡又學到東西了,謝謝~~
  • 也是有那種嫁給王子過著幸福快樂生活的人,但是那畢竟只是少數。
    女生不都會跟知心好友說,希望將來的另一半身高180、學歷也要不錯、最好是家裡還要有點錢的。
    但如果出現的人妳很愛他,他卻不符合你的條件,那該怎麼辦呢?
    選擇麵包?還是選擇愛情?
    有時候太過清醒的看待愛情條件,
    只會造就想結婚但是結不了婚的人口比例吧!

    hibobohi 於 2009/04/30 20:51 回覆

  • 霸子
  • 勉強になりました!
  • 客氣了!

    hibobohi 於 2009/04/30 20:51 回覆

  • 一號洞
  • 說到這個,以前我們班的日本女生。。。在一篇發揮聯想的文章裡(未來十年後的我)
    我們班有20個人,其中裡面的18位通通給我寫:那時候的我已經結婚有小孩,我每天在家裡帶小孩,做愛心便當給老公,假日和老公小孩去野餐和賞花!
    嚇)))))))) 也就是希望老公賺錢養她和小孩!!!!!!

    所以婚活會被誤解成這樣也不是沒道理阿!!!
  • 或許你們班的那些女生,
    也正好是可以跟目標中的理想男結婚也不一定呀!
    會設想另一半是什麼條件那是一定會有的
    只是在一直遇不到的狀況下
    作者希望女生們自身也可以做點努力與調整心態
    而不是一直執著於目標之上的那一小搓男性來帶妳走吧!

    hibobohi 於 2009/04/30 21:00 回覆

  • sapo
  • 嚇死人的現象啊
    我喜歡這篇!
    學到了~!!
  • 哈!我知道妳對於異文化也是很有興趣知道的。
    對了,妳要保重身體喔!(新流感)

    hibobohi 於 2009/04/30 20:53 回覆

  • littleconductor
  • 其實台灣現在這種現象也在慢慢出現了
    很多女生都只想未來嫁金龜婿(認識的人很多都這麼想)
    卻忘了看看自己是否是一個能夠讓對方一起一輩子走下去的人
    這就跟很多人找工作一樣吧! 想要一開始就有高薪的工作,但自己卻沒有能力拿到那麼高的薪水
    哪個總經理不是從小小職員開始做起呢?
    現在還是學生的我,卻發現好多人都是抱持這樣的心態…
    這些真的是一個值得我們好好想的問題
  • 只會要求別人,但是卻不衡量一下自己的條件。
    我也認識一些這樣的人,把另一半的條件定很高
    然後搞到自己人老珠黃還沒人要
    到現在她都還看不透耶!

    hibobohi 於 2009/05/01 23:03 回覆

  • midori
  • 我也喜歡白い春!看兩集都讓流眼淚T_T阿部寬好強!!(對不起 這是個文不對題的留言)
  • 哈!沒關係。
    我舉的那三部日劇是我這檔追著看的片子
    我覺得都好棒唷!

    hibobohi 於 2009/05/01 23:07 回覆

  • woohooV
  • 哇 表示日本很多人漸漸的都用這樣的方式囉
  • 如果是比較沒行情的,才會一直輪迴在婚活裡吧?
    可以的、有錢的早都死會啦! 

    hibobohi 於 2009/05/05 08:08 回覆

  • Katy
  • 看妳的blog都會長知識^^

    一開始我也對婚活這詞誤解了
    不過想的是別的方向orz

    春季日劇也有兩部是關於這話題的呢
    我本來最近只有看一部
    但看妳旁邊小標推薦的
    也想追追看了

    PS我很喜歡阿部寬>///<



  • 謝謝你的稱讚,害羞~~但是很開心。

    這檔日劇我看到目前是那三片最喜歡
    希望能照現在的感覺繼續走下去呀!

    hibobohi 於 2009/05/05 08:10 回覆

  • megumi2008
  • 前些日子的課程才討論過婚活的主題
    在這邊能看到更深入的資料,收獲很大^^
  • 你回台之後還好吧?
    讓我利用這個地方問候你一下。
    婚活這個流行名詞我也很感興趣
    這下子看到作者的文章發表,更覺得這其中也很多值得研究的地方啊!

    hibobohi 於 2009/05/05 08:12 回覆

  • rie
  • 台灣現在能走到結婚這 一步的人也不多...
    或許現在學校可以開始上一些有關愛情、結婚、生活等等這一類的課吧!(觀念上)讓大家有機會多想想多交換意見...
    要不然現在很多人都是孤單的奮鬥或是等著白馬王子或白雪公主...
    除了沉溺在非現實的等待的一群...還有不知道怎麼認識異姓和異姓相處等等....總之..很多很多問題
  • 現在台灣能走上結婚這條路的人也不多了嗎?
    我是知道很多人應該是沒有機會跟場合認識異性
    不過朋友好像都會居中介紹不是嗎?
    那麼在台灣,聯誼有很盛行嗎?
    我是知道相親這個名詞好像很多人都會比較抗拒!
    其實說起來遇不到理想另一半的狀況現在應該越來越多了喔!

    hibobohi 於 2009/05/06 19:09 回覆

  • 悄悄話
  • megumi2008
  • 謝謝小鵝關心^^
    已經習慣台灣的生活了
    也開始在上日文課
    雖然一星期只上一次
    但應該能維持不忘掉日文啦!
  • 妳那邊關閉了,害我都不知道要去哪裡關心妳呢!
    生活漸漸上軌道就好了。

    hibobohi 於 2009/05/10 22:05 回覆

  • CKellY
  • hihi 第一次上來留言~
    看到你這篇文章覺得很有意思~
    台灣的狀況好像又不太一樣 反而是過了30歲的女生自己有經濟能力所以希望找尋同等能力以上的另一半唄~~
    看你的文章可以增長見聞哩~
  • 你的回應也能讓我更了解台灣的現況呢!
    雖然日本有很多跟台灣不同之處,
    但是我最想了解的還是現在的台灣究竟便成如何,
    你的回應我看了也覺得很有意思喔!

    hibobohi 於 2009/05/12 20:56 回覆

  • welove99
  • 不錯

    ^^也歡迎來我家坐坐哦^^
  • O^^O

    hibobohi 於 2009/05/20 22:28 回覆

  • moral8888
  • 咦?

    看完這文章;小弟我居然想到一部電影:「賴家王老五」真是怪呢?哈~
  • 那是甚麼片?啊!我不知道耶!是誰演的?
    日本的電影片名跟台灣的譯名我連不起來呀!
    搞不好我有看過也不一定咧!

    hibobohi 於 2009/05/20 22:38 回覆

  • moral8888
  • 美國片

    就是男主角常年賴在家中不搬出去住;結果父母親找女主角出來扮演艷遇對象...不知道大大有沒有看過呢?(一樣是在敘述生活與婚姻的故事)
  • 嗚!聽你這樣一說,我發現....我沒看過這部片咧!

    hibobohi 於 2009/05/22 20:33 回覆

  • 悄悄話
  • 瑪姬小姐
  • 雖然我在日本只呆了一年,
    可是我也發現日本女生到現在還是有這種想法想給男生養,
    而很妙的是很多男生也甘願養老婆,可能是從以前下來的文化吧~

    台灣現在的情況就很現實了,
    一個人才領3萬的薪水,結了婚老婆就不工作的話真的會餓死吧
    何況想要買房養小孩,簡直是天方夜譚!!
    現在年輕人想要賺錢存錢太難了= =
    要結婚不靠家裡拿一點錢出來資助,真的很辛苦很辛苦阿
    可能只能裸婚吧XD(這是大陸用法還日本阿我忘了XD)
  • 台灣多是雙薪,若不這樣可能活不下去
    孩子的教育費也很可觀啊!

    hibobohi 於 2011/12/01 22:23 回覆

  • 悄悄話
  • 玉蘭
  • 其實,結不結婚無所謂啦!找到條件好的男人也不一定會幸福到老,收入高的男人容易搞外遇,不然就是大男人主義不好伺候,身邊有太多例子了,但人要追求優質生活也是無可厚非的,現代女性努力打拼自我實現,當然會希望另一半也是如此,甚至條件更高,這也是人之常情。其實女人要的只是有責任感顧家的男人,但現實中的媽寶男一堆,不想努力不想負責,只想撿現成的草食男絕食男也一堆,這篇文章好像沒有檢討到男人的心態,實有失公道。我覺得不婚現象已是一個常態,婚姻制度式微,不如檢討社會體制,如何讓單身族群在步入老年後可以無後顧之憂的安享晚年,這才是當務之急。拜讀板主這篇文章獲益良多,也希望大大能提供相關日本探討單身族群未來生活的體制配套或改革方面,感恩!
  • 首先我想請你弄清楚,這篇文章我只是將山田昌弘教授的日文原文翻譯成中文而已,並不是我個人的評論,你在批評我有失公道之前是不是也該把我發的文看清楚?我可是有清清楚楚地標上原文的連結喔!
    再者,這篇文章都已經是八年前發的文,什麼草食男、肉食女的名詞都是在這之後才有的。
    另外,我已經很久都不寫部落格,若你真的很想探討兩性問題,麻煩你自己翻閱相關書籍,謝謝指教。

    hibobohi 於 2015/04/01 11:16 回覆